スカイライン クーペの値引き交渉マニュアル

優雅な走りを演出する伝統の2ドアクーペ「スカイラインクーペ」

スカイラインクーペ

386〜501万円
370GT TypeS
カタログ燃費:9.3 km/L
スカイライン クーペ


対象外
15万円
15万円

 

 

 

スカイライン クーペの値引き情報

初回値引きは期待できない

スカイラインクーペは依然として人気のモデルである。しかし、発売からかなりの時間が経っていることもあって、初回値引きは約15万円が見込めるだろう。

 

ライバル車種との比較交渉では10万円程の値引きも

ライバル車はマツダ(Mazda)「アテンザスポーツ」やTOYOTA「トヨタ86」などだろう。ライバル車との比較交渉をすることによってプラス10万円程度の値引きが期待できる。乗り出し価格が400万円を超すモデルとしての値引き額としては少し物足りない。

 

大幅値引きをしてもらうには

スカイラインクーペの値引き状況は依然として厳しいものである。手間のかかるディーラー交渉をせずに30万円以上の値引きを実現するには、やはり値引き交渉マニュアルを活用してほしい。無料で手間がかからずにできるので是非値引き交渉マニュアルを活用して、浮いたお金でイルミネーションパッケージなど人気のオプションをつけてみてはどうだろうか?

 

 

 

スカイライン クーペの評価

優雅さを演出する静寂性

スカイラインクーペの魅力は走っているときの静かさにあるだろう。ドライブノイズなどが大きくなってしまいがちなクーペでスカイラインクーペの静寂性はクラストップであること間違いない。快適な乗り心地で長距離ドライブでも疲れを感じにくい設計になっている。

細部に配慮された設計

メーターやスイッチなどのインテリアも非常に見やすく、操作しやすい作りになっている。また後席の乗り込みにも配慮がされている。前席が自動で前方にシフトする機能がついているため楽に後席に乗り込むことができる。

スカイライン クーペ

 

街乗りに不向きな大きな車幅

スカイラインクーペはやや車幅が広いことが難点だろう。運転が苦手な人にとっては街乗りは苦痛になりかねない。また車庫入れに苦労するという意見が多数あることも事実だ。

重たい車両

車両重量が1670kgとクーペとしては重たい。そのために力不足を感じるときが多々ある。また燃費もあまりよくはない。経済的にはお勧めできない車である。

スカイライン クーペの総評

スカイラインクーペは日産(NISSAN)が2007年10月に発売を開始したクーペである。NISSAN伝統の2ドアスタイルを受け継いでいるスカイラインクーペは現行モデルで11代目となる。日本市場だけでなく北米市場でもG37クーペとして発売されているが、全て国内で製造される純国産車である。

 

スカイラインクーペの静寂は驚きの一言に尽きる。とにかく静かであり、今までのクーペとは比較のしようがないものである。また快適な室内空間がより良いドライブをサポートしてくれるだろう。さらに走りだけでなく実用性にも長けたているのが日産伝統のスカイラインクーペである。

 

市街地でも苦にならない足回りの良さは必見で、コーナリングも非常に安定している。ユーザーが焦りを感じる場面は少ないだろう。また安全装備が充実しているのはユーザーにとって頼もしいことだ。

 

しかしスカイラインクーペは燃費があまり良くない上に税金などの諸費用が非常に高くかかる。さらにリセールバリューがとても低いため、一度購入したらある程度長期間乗ることを覚悟する必要があるだろう。経済性にはあまり優れていない車であるが、スカイラインクーペの走行性能や静寂性はこれらのデメリットを大きく上回るメリットである。細部に配慮された日産らしい車は所有するユーザーを満足させるに違いない。 内外装ともに落ち着いた雰囲気で、優雅にロングドライブなどを楽しみたい方にピッタリの「大人」の車である。