新型ノアハイブリッドの値引き交渉マニュアル

23.8km/Lの低燃費!TOYOTAノアハイブリッド

新型ノアハイブリッド

285万円〜297万円
HYBRID X(7人乗り)
カタログ燃費:23.8km/L
新型ノアハイブリッド


100% 15.2万円
3万円
18.2万円

 

 

>>ガソリンモデルの値引き情報はこちら

新型ノアハイブリッドの値引き情報

新型ノアハイブリッドを大幅値引きしてもらう方法はない

2014年初頭に発売された新型ノアハイブリッドをディーラーで値引きしてもらうことはほぼ不可能だろう。もちろん数万円の初回値引きをしてくれるディーラーもいるが、車体価格が300万円近くすることを考えるとあってないようなものだ。

 

比較交渉する車種が存在しない

新車を購入する場合、購入しようと思う車種のライバル車の見積書をディーラーに持っていくことで、通常よりも大きな値引きを受けることができる。ただ新型ノアハイブリッドに関してはライバル車というライバル車が存在しない。強いて挙げるとするとセレナハイブリッドやステップワゴンなどだろうか。もちろんこれら車種を使った比較交渉はあてにできない。

 

あなたの購入金額が本当に最安値!?

上記の説明で、新型ノアハイブリッドを大幅値引きしてもらうことは難しいことが分かっただろう。ただ、新車購入において、皆が同じ価格で購入していると思ったら大間違いだ。全く同じ車を30万円も安く購入しているユーザーもいれば、何も知らずに30万円損をしているユーザーもいる。あなたはどちらだろうか。値引き交渉マニュアルを利用すると、損をしない賢い買い方ができるだろう。中には見積書のような面倒な準備をすることなく新車を30万円安く購入したユーザーもいる。浮いたお金はフロントスポイラーなどのエアロパーツに使ってみるのもいいかもしれない。

 

 

 

新型ノアハイブリッドの評価

トヨタハイブリッド技術が誇るリッター23.8km

新型ノアハイブリッドの最大の魅力はその燃費性能だ。ほぼ同時期に発売された新型ノア(ガソリンモデル)と比べて、およそ8kmも燃費性能で上回っている。また他のほとんどのミニバンモデルが20km/L以下であることを考慮に入れると、その凄さが伝わるだろう。環境に優しいだけでなく、お財布にもやさしい新型ミニバンだ。

選べる走行モードで快適ドライブ

様々なドライブシーンに合わせて3つの走行モードが選べる。モーターのみで静かに走る「EVドライブモード」、燃費の向上を助ける「エコドライブモード」、走りを楽しむための「パワーモード」の3つだ。これら3つのモードを使い分けることで、燃費の良い車=走る楽しさがないという方程式を見事に打ち崩している。HYBRID G, HYBRID Xには標準装備されているのも嬉しい点だろう。

新型ノアハイブリッド

 

絶大な人気が予想され個性はない

新型ノアハイブリッドに欠点という欠点は見当たらない。ただ気になるとすれば、街中で同じ車を見かけることは多いという点だろう。オプションなどによりエクステリアをアレンジすることもできなくはないが、価格がそれなりにしてしまうことは覚悟してほしい。

高人気+増税前=値引き額ほぼ0円

現在、新型ノア(ガソリンモデル)の値引き額でさえ5万円程度が上限だ。ガソリンモデルよりもハイブリッドモデルに需要が集中する現状を鑑みると新型ノアハイブリッドの値引きは全く期待できない。比較対象車種を購入したほうが割安になる可能性はある。ただ値引きマニュアルを参照することでこの点は解決できるだろう。

 

新型ノアハイブリッドの総評

2014年2月24日に発売される新型ノアハイブリッドは同年1月に発売された3代目ノア(NOAH)の待望のハイブリッドモデルだ。ファミリー層からの人気が高かった旧ノアのニーズをさらに高めたのがハイブリッドモデルだろう。カタログ燃費23.8km/Lと大幅に向上している。維持費が気になるファミリーカーとしては最適の一台だろう。

 

高評価を得ているノアガソリンモデルの要因は、トヨタが思い切ったエクステリアの刷新をしたからだろう。近年様々なミニバンがフロントのエクステリアを刷新し人気を得ている現状にトヨタノアも乗っかった形だ。もちろんエクステリアには好みがあるので一概に言いにくいが、依然よりも断然カッコよくなっていると思う。

 

また広々とした室内空間は小さい子供をもつ親にとって、キャンプや子供のスポーツ応援に行く際に便利である。ファミリーカーとして注目を浴びる一方で、走行性能に関しても手が抜いていない。3つのモードによるアシストはファミリーカーとしての域を超えた走る喜びを味わわせてくれる。

 

新型ノアハイブリッドに欠点はほぼないが、価格がネックになる可能性は高い。当分ノアハイブリッドの人気は続くことが見込まれる。ディーラーでの値引きが当分の間期待できないことは覚悟しておこう。ただエコカー減税は100%対象であり、30万円近い減税を受けられることは大きなメリットだ。

2014/01/22更新