ムーヴカスタムの値引き交渉マニュアル

バランスの取れた軽自動車のスタンダードDAIHATSU「ムーヴカスタム」

ムーヴカスタム(DAIHATSU)

130〜159.1万円
X"Limited"
カタログ燃費:29.0km/L
ムーヴカスタム


4.4万円
6万円
10.4万円

 

 

 

ムーヴカスタムの値引き情報

初回値引きは6万円程度

初回値引きは6万円程度だろう。 発売からは1年しか経っておらず、この段階で大幅な値引きはまだまだ見込めないのだ。

 

ライバル車種との比較交渉では10万円の値引きも

スズキ「ワゴンR」「MRワゴン」、三菱「eKワゴン」などライバル車と比較交渉に持ち込むことで初回値引きを上回る値引きを見込むことができる。 この比較交渉では10万円程度の値引きが期待できるだろう。 しかし、時期やディーラーの販売状況、交渉者のテクニックなどにより額は前後するのに注意して欲しい。

 

大幅値引きをしてもらうには

マイナーチェンジから1年が経つが、安定したセールスを残しており根強い人気が高い。 オーソドックスでバランスの取れたモデルであるので、購入後のギャップも少ないようだ。 人気もあり、もともと価格帯の低い軽自動車であるためディーラーでの値引きには限界がある。 そこで、30万円以上の大幅な値引きを狙うには値引き交渉マニュアルを利用して欲しい。 浮いたお金で今一つ物足りないインテリアを強化するイルミネーションパックを追加したり、エクステリアにアクセントを加えるフロントロアのエアロパーツを購入してはどうだろう。

 

 

ムーヴカスタムの評価

横滑り防止装置など、手堅いセーフティが充実

衝突を予防する装置として「誤発信抑制制御」「定速衝突回避支援ブレーキ」などが充実している。また、もしもの時に備える「VSC」と呼ばれる横滑り防止装置やエアバックなど手堅いので安心できる。車体が小さい軽自動車だけに安全性の高さは安心へとつながるのではないだろうか。

軽としては納得の走りと走行安定性

最高出力が6800回転、最大トルクが5200回転と軽自動車としては満足のパフォーマンスをみせる。また最上位グレードのRSにはターボがついているので、より走りに追求したいユーザーはこちらを購入すると良いだろう。また、すべてのグレードの足まわりは非常によく、直進安定性が良いので気持ちの良いドライブが可能だろう。

ムーヴカスタム

 

インテリアはありきたりな作りに落ち着いている

マイナーチェンジを実施して機能面では飛躍的な進化を遂げたムヴカスタムであるが、インテリアや装飾に関しては特に進歩がない。質感を求めるユーザーには物足りなさを残すに違いない。

競合が多く、購入の決め手に欠ける

ムーブカスタムはオールランドに機能を装備した軽自動車である。それを「当たり障りのない軽」と認識し、イマイチ購入動機に欠けると思うユーザーも少なくないのではないだろうか。同じダイハツから発売されている軽にも特徴的なモデルが多いことはもちろん、他メーカーに視野を広げても燃費性やエクステリアに強い追求をみせるモデルが多いのだ。

 

ムーヴカスタムの総評

ムーブカスタムは2010年にダイハツから発売された軽自動車だ。 その後、2012年にマイナーチェンジを実施。 このマイナーチェンジで最も目に見えて改良されたのは燃費性能の改良だ。

 

燃費はこれまで27.0km/Lだったものが、29km/Lまで劇的に進化した。 それでいて、走力は従来モデルのままとあって、激戦の軽自動車のマーケットでより選ばれやすいモデルへと近づいた。 また、機能面も大きく向上した。 サスペンションをリニューアルすることによりローダウン、低床が15cmダウン。 乗員の乗り降りが用意なったことはもちろん、運転する際のドライバーと乗員の一体感もアップした。 さらに、このマイナーチェンジにより安全性も非常に高くなっており、軽自動車の中でもトップクラスのセーフティを完備することとなった。 特に注目されたのは、「スマートアシスト」と呼ばれる衝突回避支援システムだ。 衝突をセンサーで自動的に回避するこのシステムの搭載は軽自動車では初である。 最初こそ「慣れない」といった声も挙がったが、今では購入者から高評価を得ている。 もちろん、エコカー減税も100%適合となっており、購入の際は約44,000円の優待があるのも嬉しい。

 

ところで、購入検討者が気になるのは、ムーブとムーブカスタムの違いではないだろうか。一番の違いは、エクステリアである。 ヘッドライトやリアのスタイリングがことなっている。 全体的にムーヴカスタムの方がスマートな仕上がりと言ってよいだろう。 また、カスタムではグレードを選択することでターボ付にできる点が大きく異なる。 ムーヴにスポーティさを加えたといったところだ。 一方で、ムーヴをベースに新調したムーヴカスタムは無難にまとまり過ぎてつまらないと感じるユーザーも少なくないのが事実だ。 スポーティといっても、他の軽に比べるとパンチが弱いのだ。 他の軽自動車に目を奪われるユーザーも多いのではないだろうか。 高い安全性を重視した上で好みだと感じたユーザーの購入する、そういったモデルかもしれない。