フリードの値引き交渉マニュアル

使い勝手抜群のミニバン「フリード」

フリード(HONDA)

169.8万円〜233.05万円
G・ジャストセレクション
カタログ燃費:16.0km/L
Nワン


6.05万円
8万円
14.05万円

 

 

 

フリードの値引き情報

大幅な値引きは期待できない

初回値引きは7〜8万円程度だろう。 この段階ではディーラーは大幅な値引きに消極的なのでこれ以上の値引きは期待出来ない。

 

ライバル車種との比較交渉で17〜20万円の値引き

マツダ「プレマシー」やスバル「エクシーガ」、トヨタ「シエンタ」など今やミニバンといえど広々とした室内空間を売りにするモデルは増えている。 これらライバル車と比較交渉を行うことで初回値引きを上回る値引きを目指すことが出来る。 その値引き額は17万円〜20万円程度だろう。 ここは交渉のテクニックが値引き額に影響するので注意したい。

 

大幅値引きをしてもらうには

発売から4年が経つホンダのフリードであるが、コンパクトにまとまったミニバンとして未だに人気がある。 そのため17万円〜20万円という比較交渉での値引き額を上回るディスカウントは期待出来ない。 そこで、ディーラー以外で更に値引きを目指すことを検討して欲しい。 値引き交渉マニュアルは時間をかけずに無料で出来るので是非お勧めしたい。 人気の高いモデルにも関わらず35万円ほどの値引きに成功した例があるので、フリードも十分に期待出来るのだ。

 

 

 

フリードの評価

ゆったりとした室内空間が自慢

フリードはミニバンという限られた空間を最大限に活かしてゆとりシート間隔を実現している。また、特徴的なのは6人乗りか7人乗りかをグレードできるのが魅力的だ。最初から最大で6人しか乗らないと分かっている場合は、他のミニバンにはない更にゆったりとした車内空間を手に入れることができる。

低床なので乗り降りが容易にできる

フリードは床底390mmと低い作りとなっている。そのため、年齢問わず乗り降りが楽だろう。小さい子供や高齢者でも問題がないのでファミリー層には嬉しい。

Nワン

 

チープさを感じるインテリアがマイナスポイント

ホンダのクルマ全てに共通して言えることであるが、インテリアのチープさが残念である。内装にこだわりのないユーザーには問題ないが、内装までこだわりたいと思うユーザーにはプラスチック丸出しのデザインは気が向かないだろう。

ラゲッジルームが狭く、荷物を収める空間が狭い

乗車スペースにゆとりのあるフリードであるが、ラゲッジルームは狭くなっている。後部のリアシートを倒せばスペースを確保できるものの、定員を乗せて荷物を沢山積みたい場合は難しい。定員を乗せて、さらに荷物も積みたいユーザーはやはりワゴンの購入を検討するべきだ。

 

フリードの総評

フリードは2008年にホンダから発売されたミニバンである。 ミニバンという限られた空間に、広い車内空間を詰め込んだコンパクトさが話題を呼んだ。 その後も直近では2011年にマイナーチェンジ、2012年に一部改良を実施している。 発売から月日の経つ今日でも安定した人気を誇るロングセラーだ。

 

2010年には、このフリードを原型にフリードスパイクが発売されている。フリードが3列シートなのに対して、フリードスパイクは2列シートである点が最大の違いだ。 フリード最大の特徴は、何といってもゆとりのある室内空間である。 7人乗りはもちろん、6人乗りの際は全てのシートが独立型になるので他のミニバンにはない強みといって良いだろう。 また、狭い車体ながら3列すべてに用意されたエアバックや横滑り防止装置を搭載するなど、セーフティの観点からも優れたモデルであると評価できる。 ボディの構造にもホンダのセーフティへの研究・追及の成果を感じさせる。 衝突のダメージを分散する独自の構造が、乗員を事故から守るのだ。 一方、デメリットは限られたスペースを全て乗車空間に注ぎ込んでいるためラゲッジルームが狭い点だ。定員を乗せた状態では荷物を積めるスペースがないので注意して欲しい。

 

このフリードの購入層としては、やはりファミリー層が浮かび上がる。 常に6人あるいは7人乗ることを想定はしていないが、その人数まで乗れるクルマが欲しいというニーズには合致するはずだ。4〜5人乗りであれば荷物を置くスペースも確保できるからだ。 ワゴンでは大きすぎるがコンパクトカーでは物足りない、そういった感覚で捉えると良いだろう。 逆に6人乗って荷物もガツガツ詰めたいというニーズには、ワンランク上のワゴンを購入することをお勧めする。 また、4人乗りで荷物をしっかり詰めたいというニーズがはっきりしている購入者にはフリードから派生したフリードスパイクが最適だろう。