ekカスタムの値引き交渉マニュアル

軽の概念を覆す軽自動車!三菱新型ekカスタム

新型eKカスタム(MITSUBISHI)

126〜154万円
G
カタログ燃費:29.2km/L
新型eKカスタム


4.51万円
0万円
4.51万円

 

 

 

>>eKスペースカスタムの値引き情報はこちら

新型eKカスタムの値引き情報

初回値引きは期待できない

車両本体からの初回値引きは0円だろう。 もともと購入金額の低い軽自動車である上、発売されたばかりということもあり、しばらくこの値引き状況が続くと予測される。

 

ライバル車種との比較交渉でも引き出せるのは5万円程度

比較交渉をした場合、5万円前後の値引きを狙うことができるだろう。 軽自動車のマーケットは競争が激しいため、他車の見積もりを提示されると渋々ディーラーは値引きに応じるケースがあるのだ。 ライバル車にはカスタム仕様車のタントカスタム(ダイハツ)やムーヴカスタム(ダイハツ)や共同開発された日産デイズ(NISSAN)が良いだろう。 しかし、その時に引き出せる額は5万円であり、決して大きな額とは言い切れない。

 

人気車を大幅値引きをしてもらうには

発売から1か月、目標の4倍近いセールスを記録している新型ekカスタムの人気は確かなものだ。 ディーラーで比較交渉をしたとしても値引き額は5万円が限度という状況も続くと予想できる。 そこで、ディーラー以外で値引きすることを検討してはどうだろうか。 値引き交渉マニュアルを活用した場合、厄介な交渉をせずに20万円・30万円と大きい値引きを狙うことができるのだ。 新型の軽自動車であっても35万円の値引きに成功した事例もあり、新型ekカスタムも同程度の値引きが狙えるのではないだろうか。 浮いたお金でカーナビやオーディオをオプション追加するなど賢く利用したい。

 

 

 

新型eKカスタムの評価

加速性に優れている軽自動車

低速域からでもフラットにトルクがでるため、加速がスムーズである。またターボによる加速も十分であるので、上り坂で苦労することも少ないエンジン機能が魅力的。軽とは思えない走りが可能であることは間違いない。

快適性を追求したインテリア

静寂性に富んだ設計は軽とは思えない仕上がりである。タッチパネルエアコンは斬新なアイディアであり、使い勝手が非常に良い。また前回のekよりも天井が高く、リアシートがスライドでき、リクライニングができるため非常に快適な運転が可能な軽である。

RVR

 

サスペンションの不安定さに疑問も

サスペンションの不安定さが背の高い新型ekカスタムには欠点であろう。コーナーでふらつくことも多々あり、足回りの完成度はいまひとつである。

実燃費とカタログ燃費のギャップ

カタログ燃費29.2km/Lに対して、実燃費が18.9km/Lと非常に大きな隔たりが存在する。エコカーブームの時代において、燃費は購入を決断する上での最大のポイントであろう。しかし新型ekカスタムのこの実燃費とカタログ燃費の隔たりは大きな障害となることは間違いない。

 

ekカスタムの総評

2013年6月発売の新型ekカスタムは三菱が日産デイズと共同開発で生み出した待望の新型モデルである。新型ekカスタムは2006年に発売されたekスポーツの後継モデルだ。

 

日産との共同開発や共通の部品を使うことによりコスト削減に成功し、細部にこだわったインテリアの高級感をだしつつも、126〜154万円という低価格を実現したことは驚きである。 新型ekカスタムは細部にこだわった高い質感が最大の特徴であろう。エアコンのタッチパネルなど斬新なアイディアも豊富に盛り込まれている。またエンジン性能が良く、加速性に優れていることは間違いない。共同開発で生まれた日産デイズや三菱のワゴンRよりもekカスタムが性能の高いものであると言えるだろう。軽とは思えないほどの機能性や快適性を兼ね備えていることは既存の軽に対する概念を打ち崩すものである。 エコカー減税が100%適合の車であるということも購入のメリットの1つである。しかしカタログ燃費は29.2km/Lとクラストップ水準である一方で、実燃費18.9km/Lと低く、実燃費とカタログ燃費に大きな差があることは否めない。

 

差別化が難しいこの種の車で、三菱の新型ekカスタムは突出した特徴はあまり存在しないが、軽自動車とは思えない車内空間の広さは特筆に値するだろう。また静寂性が非常に優れているため快適なドライブを楽しみたい人にお勧めしたい。 低価格と高級感あふれるインテリア、また見た目の良いエクステリアは購入者を満足させるに足るものだ。 様々な用途に適応できる車であるため、あらゆる世代に向いている軽自動車であり、低価格で自動車の購入を考えている方は一度検討してみても良いだろう。