トヨタハイブリッド車アクア

ハイブリッド車紹介:トヨタアクア(1)

トヨタでいちばん小さなハイブリッド車アクアの概要

トヨタでいちばん小さなハイブリッドカーがアクアです。それまでのベストセラーハイブリッド車のプリウスとは異なり、欧州車に多い比較的オーセンティックなコンパクトHB(ハッチバック)車として登場しました。2012年、アクアは同じトヨタの先輩ハイブリッド車プリウスを抜いて、国内販売ナンバーワンを記録しました。

このトヨタの新型アクアが搭載するハイブリッドシステムは先代トヨタ・プリウスと同じ、いわゆるシリーズパラレル式「リダクション機構付THS II」を採用しています。
ハイブリッド(ふたつ)のうちの一方のパワーユニットであるガソリンエンジンはアトキンソンサイクルを採用した1.5リッター1NZ-FXE型で出力&トルクは74ps/11.3kg.mを発生します。これをアシスト&フォローする新設計の1LM型電気モーターは61ps/17.2kg.mを発生しています。

システム構成そのものは先代プリウスと同一ですが、家 売却パワーユニット全体(バッテリーを含む)でプリウス比40kg 以上の軽量化を果たしたことが新型アクアのポイントです。
アクアのボディサイズは全長×全幅×全高3995×1695×1445mmとプリウスよりふた回りほど小さく、車重は1050?1080kgとプリウスに比べて300kg以上軽くなっているのが最大の特徴です。しかしながら室内の広さは犠牲になっていません。やや天地方向のゆとりに欠けますが、快適とは言えないまでも大人4人が乗ってドライブが可能な空間に仕上がっています。パワーユニットのコンパクト化が活かされた結果と言えるでしょう。

古典的な説明ですが、自動車にとって、その軽さは運動性能の向上に寄与し、燃料消費率のアップに貢献することは言うまでもありません。

新型HV車はグレードによって(すべての)性能が大きく違う

ところで、新型トヨタ・アクアの燃費性能は、グレード(G/S/Lという3グレード)で装着タイヤに差異があり、この装着タイヤで大きく異なります。

2011年の東京モーターショーで発表されたデビュー当時、アクアのカタログ燃費は、10・15モードで40km/リットルという驚異的な燃費をアピールしていました。この燃費は最も軽いグレード「L」で達成してカタログに掲載。その他グレードでは10・15モード燃費37km/リットルでした。
さすがに最新のカタログ(2013年8月現在)では、JC08モード燃費全グレードで35.4km/リットルとされていますが、脚注に「車重1090kgを超える場合はJC08モード燃費は33.0km/リットルとなります」と小さな文字で書かれています。

これはアクアの複雑なパッケージオプションに起因しています。つまり、Lグレード(車重1050kg)以外のグレードに設定されたツーリングパッケージを選択すると燃費が大きく落ちるのです。
G/Sグレードのカタログ車重は1080kgで「L」に比べて30kg車重が増えているものの燃費は「L」と同じ数値、しかしG/Sグレードにツーリングパッケージ装着すると、たった10kg車重が増えるだけで燃費が2.4km/リットルも落ちることになってしまうのです。

原因はツーリングパッケージの装着タイヤにあるようです。そのタイヤ、ヨコハマdB(「デシベル」いわゆる静音タイヤです)のサイズは195/50R16。この仕様のアクアの実質燃費はカタログ値の33km/リットルどころか、トヨタのハイブリッド車が得意とする都内走行でも25km/リットルは難しいほどです。

その好燃費はタイヤにあり、か?

ところが、グレードLに標準の165/70R14サイズのタイヤはヨコハマ自慢の低燃費タイヤ「Blue Earth」で、この仕様なら(エコ運転の)訓練しだいで都内走行で30km/リットルを達成できます。事実、達成したあるテスターがいます。ただし、このタイヤ「Blue Earth」は明らかに操縦安定性とハンドリングに影響します。このタイヤ、燃費でも操安性でも、それなりのドライビングスキルが要求されるのです。
つまり、燃費という環境性能を重視した結果として省燃費タイヤ「Blue Earth」で、キチンと曲がる/止まる性能を引き出すには、ドライバーに相当に慎重な運転とエコドライブのための相応のスキルが求められるようなのです。

新型アクアに、普通のトライバーがクルマとしての基本性能キチンと曲がる/止まる性能(ここでは普通にと言う意味で)を求めるなら、ツーリングパッケージ(11万250円のオプション、サスペンションチューンも違うとカタログにはある)があった方がいい、というのが個人的な意見です。住宅 売る
省燃費タイヤ「Blue Earth」装着 のLグレードで、その気になって積極的にコーナーを攻めたりすると、VSC(ヴィークルスタビリティコントロール:横滑り防止装置)が効きっぱなしになってしまう可能性も否定できません……。Gグレードのツーリングパッケージ装着車とLグレードを比べて運転すると、どんな人でも、まったく別のクルマを運転している印象を受けるはずです。
Gグレードにツーリングパッケージを装着したモデルに比べて、車両価格で30万円以上安いグレードLですが、その代償は少なくありません。

ある意味で、グレードLはデビュー時の宣伝担当「燃費スペシャルチューン」グレードと言っても過言ではないかもしれません。
この最も燃費がいいグレードLを購入しようと考えてディーラーに出かけて「アクアのL、ください!」と注文したとします。
すると販売店の営業マンの方が、「それは止したほうが良いかと……。Sにされた方が……」と説得されるのがオチです。

Specification

【トヨタ・アクア】
ボディサイズ全長×全幅×全高:3995×1695×1445mm
ホイールベース:2550mm
トレッド(フロント/リア):1480mm/1475mm
車重:1080kg
駆動方式:FF
搭載エンジン:1.5リッター直列4気筒DOHC
エンジン最高出力:74ps(54kW)/4800rpm
エンジン最大トルク:11.3kg.m(111Nm)/3600?4400rpm
モーター最高出力:61ps(45kW)
モーター最大トルク:17.2kg.m(169Nm)
トランスミッション:電気式CVT
タイヤサイズ:175/65R15+スチールホイールフルキャップ
       165/70R14+スチールホイールフルキャップ
JC08モード燃費:35.4km/リッター
車両価格:169.0万円?194.0万円


【特筆すべき装備】
・VSC(ヴィークルスタビリティコントロール:横滑り防止装置)
・TRC(トラクションコントロール)
・ヒルスタートアシストコントロール
・EBD(電子制動力配分制御)付きABS
・車両接近通報装置
・モードスイッチ(エコドライブモード/EVドライブモード)
・電動インバーターコンプレッサー・オートエアコン
【代表的なパッケージオプション装備】
・スマートエントリーパッケージ(5.355万円)
・LEDヘッドランプパッケージ(11.55万円)
・ツーリングパッケージ(11.025万円)
住宅を売る

40万得する値引きテク